食べ過ぎた次の日も、メリットたくさんのダンベル方法

ついつい食べ過ぎてしまった日の翌朝は体がだるいと感じる人は多いでしょう。海01

 

そのまま運動も何もしないでほうっておくと体に悪いのは当然のことです。そんなときはダンベルダイエットがおすすめです。

 

ダンベルダイエットは普通のダイエット方法よりもはるかに運動量が多く達成感があります。そして代謝もよくなり健康にもよいのでメタボリックシンドロームの予防にも効果的です。

 

そして、体幹を鍛えるためには二つのトレーニング方法があります。ひとつはダンベル二ータッチです。この動きは、バランスを取りつつ体幹を刺激するので代謝を上げることができます。やり方は、足を肩幅に開きダンベルを持った腕を胸の高さまで伸ばします。そして右足を後ろに下げて、左ひざを曲げます。それから右足を上げてダンベルを持っている手のほうにくっつけるように高く足をあげます。この動きを左右15回繰り返します。ダンベルピーコックは右膝を床につき、左膝は90度ほどに曲げてダンベルを持ちます。ダンベルを持った腕を胸の高さまであげて伸ばします。そして右足を床から離して上体を起こし体を伸ばします。こちらの運動も左右15回繰り返します。この運動を一日5分間繰り返せば効果が出てきます。